ハンドメイドイベントにレジ機能導入してみました

こんにちは、emi graphicsです。


デザフェス、minneハンドメイドマーケット、ヨコハマハンドメイドマルシェなど、何度かイベント出店させていただいてましたが、当日毎回困ることが2つありました。


1つは、せっかくたくさん買っていただいたのに、商品の計算でもたつくこと。

もう1つは、イベント完了した時に、何が何個売れたのか、売上はいくらだったのかがあやふやになっちゃうことでした。

前者ではスマホの計算機を使うけど、直前まで他の画面を見ていたりすると計算機を立ち上げるのに不便だし、後者ではノートに売れた商品をメモしたりもしましたが、数人のお客様に続けてお買い求めいただくとメモをし忘れてしまうことがしばしば。最終的になんとなくでしか売上を出せていませんでした。

そこで、今春のイベントから、レジアプリを導入し始めました。
使ってみたら、これがとっても便利だし、イベント進行がスムーズになるのでオススメしです!

┃レジアプリ「AirREGI」


使い始めたのは、リクルートさんが提供している、無料で使える「AirREGI」というアプリ。
無料会員登録すれば、商品の登録、レジ、売上や在庫管理まで出来ちゃう優れものでした。

スマホ・タブレット・PC全て対応してます。とても助かる!

イベントではせっかくなのでiPadで使用することにしました。使ってみると、iPhoneよりiPadの方が商品一覧が見やすくできるのでオススメです。

イベント当日どのくらい楽なのか、レジ機能だけ少しご紹介します。

iPadで開くと、まず中はこのようになっています。

だいたい使用するのは、

「注文入力・会計」・・・レジ機能

「売上」・・・その日いくら売れたのか、何が何個売れたのかなど詳細が見られます

「商品」・・・ここで事前に商品を登録しておきます。カテゴリもつけられるのでとても便利!最初に頑張って在庫数も入れておけば、在庫管理もできますよ。

「注文入力・会計」を開くとこのような画面になっています。

「手帳型-もぐもぐ」の一列がカテゴリ、右側が商品名です。商品がたくさんある場合は探すのが大変なので、うまくカテゴリを使って探しやすいように整理するのが良さそうです。

私ももう少し探しやすいカテゴリ分けないかなーと模索中です。

会計したい商品名をタップするだけで、左側に小計が表示されます。

複数商品がある場合は続けてタップすれば左側に加わっていきます。とっても簡単!

該当の商品を全部タップしたら「支払いへ進む」。

このようなポップアップが出てくるので、いただいた金額を入力。自動でおつりが計算されます。

確認して、間違えがなければ「会計する」、で確定されます。

レジスターやレシート機器を接続してると、このタイミングでレジスターが開きレシートが出てくるみたいですが、イベントでは機器があると嵩張るので使用しませんでした。iPadだけでOK!


ほんとに簡単だし、会計ページをお客様に見せれば、いくらかどうかも明示できるのでとても役立ちました!

イベントでは、最近クレジットカード対応している店舗も多く見かけるようになりましたよね。

Airレジもクレカ機器に接続できるので、ゆくゆく導入できたらと思っています。